les signes parmi nous

堀 潤之(Junji HORI) 映画研究・表象文化論

堀 潤之(ほり・じゅんじ) Twitter/HP/CV
映画研究・表象文化論。関西大学文学部教授(映像文化専修)。編著書に『越境の映画史』(菅原慶乃と共編、関西大学出版部、2014年)、『ゴダール・映像・歴史』(四方田犬彦と共編、産業図書、2001年)。訳書にアンドレ・バザン『オーソン・ウェルズ』(インスクリプト、2015年)、レフ・マノヴィッチ『ニューメディアの言語』(みすず書房、2013年)、ジャック・ランシエール『イメージの運命』(平凡社、2010年)、コリン・マッケイブ『ゴダール伝』(みすず書房、2007年)ほか。ジャン=リュック・ゴダール関連の DVD・BD 付属冊子に多数寄稿。

Junji HORI Twitter/HP/CV
Junji Hori is Professor of Film and Media Studies at Kansai University. He is the co-editor of a collection of essays on Histoire(s) du cinéma entitled Godard, Image, History (2001) and has published articles on Godard (in For Ever Godard, 2004 and in The Legacies of Jean-Luc Godard, 2014) and on Truffaut (in A Companion to François Truffaut, 2013). He has translated several books into Japanese, including André Bazin's Orson Welles (the 1950 version), Lev Manovich's The Language of New Media, Colin MacCabe’s Godard: A Portrait of the Artist at Seventy and Jacques Rancière’s Le Destin des images.

プロフィール
id:tricheur